これまでに終了したコンサート、ライブ 

2004.7〜12月





 
 2004.7.18
      7.19

 
 CLASSIC

 川口莉加&堤りさ
 フルートとチェンバロのアンサンブル


堤りさ(チェンバロ) 川口莉加(フルート)
抜けるような夏の青空が続くなか、爽やかなフルートとチェンバロのアンサンブルでした。しかも、川口さんの選曲に、きらりと光るものがありました。
料理人としての自分にも言えることですが、作り手側と受け手側(お客様)の求めているもののギャップを考えず、つい、やりたいものをやってしまうことが、多々あります。
けれど、今回は、バロックの曲にこだわらず、聞き覚えのある曲や、日本の曲を取り上げて、皆さんに大変良い、評価をいただきました。音の持つ魅力は、和洋問わないのですね!それを、気づかせてくれました。
そして、どんな楽器にもオールマイティーに合ってしまう、フルートの魅力を、まざまざとみた気がしました。
個人的には、この二つの楽器のために書かれた、バッハのソナタは、もちろんですが、朧月夜と、足笛の踊りが特に、良かったと思いました。
おどけた雰囲気のチェンバロとフルートが足笛の踊りにピッタリでしたね。


 2004.8.6 
      8.7 
  
 

 WORLD

 
TOKS
 ボサノバ ユニット
   
  
   Sakura(ヴォーカル)  Woody(ベース)   Tata(ギター)
台風一過、また夏本番が戻ってきました。
それに合わせたかのように、ボサノバユニットのライブがありました。ぜひぜひ、この夏にとお願いした甲斐があったというもの!
幅広い音楽性を持った、演奏者の皆さんでした。
さわやかな、ブラジルの風を感じる、ボサノバ、また、暑いリズムを伴ったサンバ、そして、ヨーロッパの西洋音楽の香りがちょっぴり、残るショーロ、等々、ブラジルの音楽をいろいろな角度から、楽しませていただきました。どれもこれも、甲乙つけがたし!
Tataさんのギターソロでのショーロから数曲、好きなんですよ!実はショーロが・・・。あまり、ポピュラーでは、ないんですよね、がんばって、愛好家を増やしましょう!
それと、これまでの、お気に入り!ワンノートサンバ!良かったですよ。

(あ!そういえば、今月、名古屋ブルーノートにセルジオメンデス来るんですよね、行きたいなあ・・・。
そのちょっと前には、クレモンティーヌとなんと、ベンシドランのセットも入ってましたね。こっちは、定休日の水曜日だから、行けるかなあ・・・)

脱線は、このくらいにして、今回のピカイチナンバーは!
そうです、ミスターサマータイム で す !!!
ボサノバ調にアレンジして、聞かせましたねえ!

  (もと歌のサーカスより、ずっといいんじゃないですか。)

というわけで、両日とも、最後は、お客様のみなさんにも、パーカッションで参加していただいて、大盛り上がり、大喜び、大満足で、延々約2時間のライブを終了したのでした。


TOKSさんのHP




 2004.9.18

 JAZZ


 山下真理&川野秀樹 デュオ

 ヴィブラフォンとギター

 

  
    川野秀樹(ギター)      山下真理(ヴィブラフォン)

       
           デュオ&浜千代みはるさん

まちに待ったジャズ・バイブの真理さんの、登場でした!

6月ごろから日程調整しており、割と早くから決まっておりました。
ギターの川野さんと、デュオでということで、なんと!当店でのJAZZライブは2度目にして、もう、2回目のご出演となりました。それだけ、まわりから頼りにされている証拠ですね。
(名門!早稲田ジャズ研出身)
そして、本日のリーダー!山下真理さん!(名字はいっしょですが、当店の親戚、縁者では、ございません・・・)鈴鹿市出身で、約2年前にアメリカはバークリー音楽院を卒業して帰国、名古屋を中心にご活躍の方です。
当日は、真理さん、お好みのECM(ドイツのレーベル)しかも、僕の愛聴盤のレコードジャケットを壁にたくさん飾って、お待ちしました。
当然、演奏曲も、ECMのアーティストのナンバーが、多く取り上げられました。また、一方でリクエストに応えてくれまして、ミルト・ジャクソン(米、黒人ヴィブラフォン奏者)のナンバー等のスタンダード曲、
そして、真理さんのオリジナル曲”フロム・ハンティントン”!!!終了後のアンケートで、この曲!良かったという評価を多くいただきました。
ライブ終了後、当店のマダム含めた4人で、おしゃべりも、楽しかったですね!

それにしても、あの演奏方法!!(マレット・・鉄琴をたたく、ばちを右手に2本、左手に2本はさんで・・・)どうして、あんなに、自在に拡げたり、縮めたりできるのかなあって!この奏法は、もう一方の雄、ゲーリー・バートン(米、白人ヴィブラフォン奏者)のお得意とするスタイルですよね。
お客様の皆さんも、”ヘー!”って感じでした。  。/|。  。|\。 
終了後に聞いたところ、「お箸持ってるのと同じです」とのこと、テレビ見ながら、お箸でトレーニングしたそうです。   80へー!!
(僕は、日本人のくせに、お箸の持ち方、下手だから、こりゃあ、無理だわ・・・。)
てっきり、アンプで音拾ってるのかと、思っておりましたが、なんとなんとバイブは、生音なのでありました。いい音、いい響きしてましたねえ。
(中学校の音楽室にあったのとは、ぜんぜん違う!)
あったり前ですね、鉄琴そのものの幅、厚みが比較になりません。
楽器の片づけ見てたら、全部一枚一枚バラバラにして、ていねいに箱に入れておりました。・・・銀の延べ棒!状態・・・

そして、今回も、ぜひぜひ、川野さんが来ることだし、ということで浜千代さんに、また一曲ヴォーカルを披露していただきました!

ほんと!47年、生きてきて、こんなに、にぎやかなお誕生日は、初めてでした!良い思い出になりました。    ・・・うるうる・・・
皆さん、ありがとうございました!


山下真理さんのHP



 2004.10.2
 
 CLASSIC

 佐藤康子&堤りさ
 ファゴットとチェンバロのアンサンブル



佐藤康子(ファゴット)


堤りさ(チェンバロ)

チェンバロとのアンサンブルとして、オーボエ、フルートに続き、
今回、ファゴットをお招きいたしました。
低音楽器として、オーケストラでもあまり目立たない楽器、また、ソロでも聞く機会の少ないことからも、貴重な一日でした!
私も含めて、こんな身近で聞くのは、初めての方もたくさんいらっしゃいました。その期待通り、なにかほっとする暖か〜い響きで、秋の始まりのこの季節にぴったりの音色が、部屋中に漂いました。
コンサート後のおしゃべりで聞いたところによりますと、ファゴットの佐藤さん、小さい頃は、チェロをやっていたそうです。
中学時代のブラバンで、コントラバスをやりたかったそうですが、競争が激しく、管楽器のファゴットに回されたのが、きっかけだそうです。
中低音の魅力に、はまった女性なんですね!
チェロ、ファゴットとも、人の声の高さに一番近いとのこと、、、。

 ソロの場合は、立って吹くことが多いそうです。 
  なんか、カッコイイですね!

演奏終了後のアンケートで、聞き覚えのある曲目が多いと、評価が高いのも事実ですが・・・
ちょっと、一言・・・
知っている曲だと、安心感があるのは、もちろんですが、
コンサート、ライブに出かけてゆく、もうひとつの楽しみとして、見知らぬ新しい楽曲に出会えることがあると思います。
いきなり、知らないアーティストの知らない曲の入ったCDを買うのは、非常に勇気が要ります!
お気に入りの新しい曲に出会えるチャンス!!!
そんな意味でも、演奏中に自分のアンテナの感度をより高めて、聞いてみては、いかがでしょうか?
今回、私自身、マルチェッロのチェロ用に書かれたソナタは初めて聞く曲、一番の秋の収穫でした!!
アンサンブルとしても、この曲が無理がなく、充実しておりました。
もっと、ファゴットを聞きたかったというお声があったのも事実、
もう1曲バロック曲があっても、良かったのではないでしょうか。
また次回!期待いたしま〜す。


2004.11.20

 WORLD

 TSUGUMI
 和太鼓 ユニット

        

  
     草深晶藤(篠笛)         服部博之(和太鼓)

当店ライブでは、初!和楽器の演奏者のご出演となりました。
ずらりと並べられた、大小さまざまの和太鼓
一番大きな大太鼓は、入れることができませんでしたが、こんなにも種類があるのかという感がございました。
和太鼓は音圧があるため、窓ガラス!割れるよ!と、友人から脅かされておりましたので、雨戸を閉め、すべての窓にカーテンを下ろして、万全を期しました。
普段は、屋外や、もっと大きな広さの会場で演奏されることが、多いとのこと
どうなることかと、心配いたしましたが、その心配をよそに、迫力満点!
熱気ムンムンの演奏が繰り広げられました。
笛との息もピッタリ!
まばたきする暇もない位
スキのない二人の楽器による駆け引きの見事さ!
お客様の皆さんも、日頃のストレスが解消して、スッキリした様子でした。
ところが、演奏終了後に聞いたところ、
会場の広さに制約があり、まだ、100%パワーを出しきっていないとのことで、ビックリした次第・・・。

また、和笛にも、大小いろいろあり、音色の違いも楽しむことができました。
特に、一番太い笛は、音だけ聞いていると、尺八のように感じられました。

日本人なのに、あまり接することがなく、ほとんど、知らなかった和楽器の奥深さをかいま見ることができた、一夜でした。


そして、笛と太鼓の音色が、やはりお祭り気分!
ちょっと、遅がけの収穫を祝う、秋祭りとなりました。
また、聞きたいという声も多くありましたので、
来年の秋にお呼びすることを約して、終了したのでした。



TSUGUMIさんのHP
         

目次へ