ぼうがいっぽんのWEB COO KING 教室




− 野菜の南仏風煮込み (ラタトゥイユ) −

 


材料(6人分)
タマネギ 大1/2コ ニンニク 1片
オリーブ油 100cc
トマト 大2コ
赤・黄ピーマン 各1/2コ 緑ピーマン 2コ
ナス 1本 緑・黄ズッキーニ 各1/2本 
バジリコ、マジョラム 1〜2枝
★ 作り方


材料はすべて同じ大きさに切りそろえます。
(お好みですが、2cm角くらい)


 
 まず初めに、ニンニク1片をオリーブ油でやや色づけて
香りがでたら、角切りにしたタマネギを加えていためます。
(タマネギは、色づけません)


次に、トマトの角切り(皮と種なり)を加えて
トマトソースを作る感じで、少々煮込んで水分をとばします。

トマトは、必ず、真っ赤に熟したものを使って下さい)


別のフライパンで、残りの野菜を軽くいためます。
(赤・黄・緑ピーマン、ナス、緑・黄ズッキーニ)
いためながら、塩・コショーで軽く下味をつけましょう。



いためた野菜を、3の鍋の方に加え
全部入ったら、バジリコ、マジョラムを加えて
弱火でことこと煮込んで、やさしく火を入れます。

仕上げに、塩・コショーで味を調えます。
★ 備考
★ タマネギ以外の野菜の分量は、目安です。切ってみて、それぞれ同じ量になれば良いです。
★ 野菜をいためるときのオリーブ油は、控えめにしましょう。
  最終的に、用いる量が100cc程と考えて下さい。
  (もし、野菜類をいためる油が足りなさそうになったら、タマネギをいためている油から少し取って、いためましょう。
★ あまり一度に、たくさんをいためようとしないで、何回かに分けて、少しずついためて、トマトの鍋に加えましょう。
★ ラタトゥイユには、バジリコ・タイムがよく使われますが、フレッシュのマジョラムがあれば、ぜひ試してみて下さい。
  (野菜の持ち味を生かした上品な味に仕上がりますよ)
★ ニンニクは、後から探すのが大変ですから、早めにわかる内に取り出しましょう。(5の火を止める前に)
   ただし、 嫌いでなければ、そのまま取り出さず・・・(ご家庭で、キャー!当ったりー!なんていうのも、楽しいですね!!!笑)・・・

★ この料理は、出来たてより、翌日の方が、味がなじんで、おいしいですよ!
★ 冷たいものを、前菜にしたり、温め直して、魚料理の付け合わせや、肉料理(鳥・仔羊・牛など)の付け合わせに良く合います。
   いろいろ、お試し下さい。

目次へ